ブラックになっている人の一発確認法

ブラックな生活から抜け出せないと思っていませんか。実はあなたがいまもブラックなのか一発で分かる確認方法があるんです。それが個人信用情報の開示です。

ブラックリストに名が載ってしまうとどうなるかというと規定期間お金が借り難くなると言うだけの話です。

現実的には金融機関からスマホの借金をするのは概して不可能になってしまいますが、これも無理強いなものではなく月賦をするのかどうかはあくまで月賦をする近所の決断に委ねられていますから、月賦をするだけの役割があるといった要所が決断をすればブラック入りをしている者であっても月賦を受ける可能性も無くはありません。

そのため、例えブラック入りをしたとしてもその後にスマホの借金をしなければ、実社会で問題が発生するはないので人によっては必ずしも大きな影響ではないこともあります。

ところが実際にはそんな者にとりましてスマホの借金できないはなんとも酷いものがあるようです。

クレジットカードなども現実スマホの借金ということになりますし携帯電話の月賦などもローンの類になりますので利用できない可能性が高くなってしまうので知らないところで不便な思いをすることがあります。

確かにブラックになってしまう状況だとスマホの借金ができないのはつらいものがありますね。

ただ信用情報jicc上ではファイナンス災害として取扱いされるのでスマホの借金をすることが難しいということがわかりました。

それだけにブラックリストに掲載を向かう期間がどれだけなのかは気になりますね。

これはファイナンス災害の物証や人信用情報jicc機構の情報耐久期間によっても違いがあるので一概には言えませんが通年から10年代という領域が広くいのが現状です。

たとえば全銀協(KSC)の信用情報jiccには自己破産をした場合10年代は登記が残ってしまい、JICCは遅滞が理由でブラック入りした場合には1通年登記が残ることになる結果、ブラックになった物証や情報機構を通じて変わることも知っておきましょう。

また信用情報jicc機構に問い合わせをすれば自分の信用情報jiccがどうなっているか確認貰えるのでそい言うサービスを利用して自分のタイミングを確認することもいいかもしれませんね。

そんな時http://xn--jicc-e76fi45bgto5o2b.com/なんてわかりやすいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です